ブログ

遠景に見える山々。

2021年5月31日 / (仮称)三十八社町の家 必要充分の家

今日は、「必要充分の家」のお引渡しでした。
朝早く、最後の水やりからはじまり、最後の掃除。
そうしてオーナー様のお越しを現場にてお待ちしました。

器具説明などを終え、今回、「必要充分の家」の内覧会の会場をお貸しいただいた上、広告のプロデュースまでオーナー様にご協力いただき、そのお礼もかねてテレビなどの設置のお手伝いもさせていただきました。

オーナー様の情報によると(オーナー様がカウントされた結果)、LINEでのやりとりが約5万文字。お会いしての打合せは、20時間を超えたそうです。
2年半以上のお時間をいただき、この日を迎える事が出来た事、多大なご協力・お時間をいただき、今日の日を迎える事が出来ました。

おかげさまで、とても素敵なお家になったのは、それ程の時間と熱量を、ご自身たちにとって必要(Needs)とは何処にあるのか?を見出す事に注いでいただいた結果です。

『考え方(Needs)× 熱意 × 時間 = 良いお住まい』

今日も日野山はキレイでした。

夕方になったので、最後の最後の水やりをして、「必要充分の家」をあとにしました。

遅くなってしまい、急いで(仮称)三十八社町の家の現場に向かいましたが、職方の皆さまはもうお帰りでした。
(仮称)三十八社町の家は、今日、足場が無くなり、外部の工事を進めていただいていました。
また、内部も仕上げ工事が進んでいました。

足場が無くなると、外観をハッキリ見る事が出来ます。
とても嬉しくなる瞬間のひとつです。

夕暮れ時の空の色を落とし込んで、ファサードが美しく見えました。

また、ルーフテラスからは、足場が無くなったので風景もスッキリ見る事が出来る様になりました。

こちらは、遠くに荒島岳が見えていました。

過去の記事