ブログ

深海の様に、静謐な空間へ。

2021年6月5日 / 結地の家 好択の家

今日の(仮称)三十八社町の家は、外部の配管工事と、内装仕上げ工事(クロス工事)を行いました。

外構(外まわり)は、かなり仕上がって来ました。

内装の仕上げ工事も進んでいます。

上の写真は、主寝室の下り天井。
とても良い感じで仕上がっていました。

中でもウォーク・イン・クロゼットは、まるで深海に沈み込んだかの様に静謐な空間になり、とても雰囲気のある部屋に仕上がっていました。

ウォーク・イン・クロゼットは、朝、その日をスタートする時に。夜、今日一日を終える時に使う部屋でもあります。
つまりリセットされる部屋とも言えます。
それには、静謐である事がとても重要かも知れません。
静謐である事で、ノイズの中からいつも自分を取り戻す事が出来るからです。

2階に上がると今度は光の中に入る様な感覚を覚えました。

天井のクロスを貼り終えると、空間の奥まで光が差し込み、パッと開けた様に感じます。

部屋の広さの感覚も変化します。

続いて(仮称)春日2の家に向かいました。

(仮称)春日2の家は、大工さんの工事と外壁の仕上げ工事が行われています。

大工さんの工事も進み、かなり部屋の感じがわかる様になって来ています。

外壁が貼り上がるとファサードの感じが仕上がって、嬉しくなります。
まもなく、その瞬間をむかえます。

過去の記事