ブログ

下地位置の最終確認

2011年6月23日 / 実績紹介記事 有理の家

今日は下地の位置の最終確認などをする為、お施主様と現場にて打合せをしました。

下地の位置とは、
例えば絵画を飾る時、ある程度重さのある物の場合は、重さに耐えられるような(支持できるような)下地が無いとちゃんと固定ができません。
TVを壁掛けにする時なども同じことです。

もちろん、設計段階で絵画の飾る位置などは話し合い、想定して設計します。
そうしないと照明計画なども効果的に出来ません。

しかし、図面上だけではなく、現場が進み、かなりリアルに空間が意識出来るようになった段階で再度打ち合わせ・確認をさせていただきます。

「今ある絵(打合せ時の絵)は、線が太くて派手だから、このお家にはもっと線の細い繊細な感じの絵が合うと思うのだけど・・・」
お施主様の頭の中でのイメージが、設計段階よりかなりリアルに固まって来られてるなぁ~っと感じながらお施主様の言葉を聞いていました。

次回はカーテンなど再打合せいたします。
きっと空間のイメージがしやすくなってきたので、さらに具体的な打合せになるんじゃないかと予測しています。
楽しみです(笑)。

外観も、模型どおりに仕上がってきました(笑)。

過去の記事