ブログ

現場の図面

2011年6月9日 / 実績紹介記事 有理の家

最近は図面をCAD(キャド)と言ってパソコンで描きます。
縮尺1/100とか1/50で描きます。

写真は現場でじかに描く縮尺1/1の図面。
造る前に墨を打って下地に図面を大工さんが描いてくれてます。

造っちゃう前にチェックも出来るので、無駄なミスも省けて、合理的です。

平面だけじゃなくて、立面も下地に描いてあります。

時には詳細な納まりなどを、柱や床下地材に図面を描きながら打合せをすることがあります。
仕上がっちゃうと見られなくなってしまいますが、現場で造っていく息遣いみたいなものが、下地材に色々刻まれていたりするんですよ!

過去の記事