ブログ

建て方時の発注承認。

2016年3月8日 / 賢分の家

今日は(仮称)天池の家の建て方でした。

実は先週(3月1日)に建て方の予定でしたが、2月29日の夜からの驚くほど速く積もる雪の影響で延期し、本日、建て方をすることになりました。

今日は比較的天気にも恵まれ、皆さまのおかげさまでスムーズに工事を進めることが出来ました。
ありがとうございました。

建て方時にいつもさせていただいている打合せもスムーズに進めることが出来ました。
ありがとうございます。

(仮称)天池の家。
断熱性能がよく、ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)にも設備を設ければ可能です。
今日は、電気工事関係の発注承認をいただく為の打合せを行いました。
その中で、ZEHを意識した仕様に変更しておくかを話し合いました。

例えば分電盤(ブレーカー)。
ZEHやスマートハウスを考えると、従来の分電盤より、対応可能な分電盤にしておくことも考えるべきポイントです。

そのように、中長期的な視野も検討に含め、電気設備工事関係の仕様などを決めていきました。
換気扇などはACモーターからDCモーターへの変更など、省エネを意識された変更もありました。

(仮称)天池の家。
今日は建て方でした。
ここからどんどん目に見えて現場が進行していきます。
とても楽しみです(笑)。

牛歩 → 鹿走

2016年3月7日 / 社屋

牛歩でしたが、大工さんが入ると急激に変化しだします。

2階の床が出来ていました。
再び、2階建てになりました。

一部、吹抜けを設け、減築しました(床面積を減らしました)。

歩みだすと走り出しました。

壁が白い理由。

2016年3月7日 / 面遊の家

(仮称)森田の家は、仕上工事の真っ最中です。
今日は天井のクロスを貼っていました。

クロスは白っぽい色を選ばれる方が多いです。
空間が明るくなるなど理由は色々ありますが、その大きな理由のひとつは、壁が目立つのではなく家具や雑貨などインテリアに置かれた物が住まわれている人などがハッキリと見える為でもあります。
当然主役は壁ではなく、空間にある人や物ですからね!

クロスの場合、汚れが落としやすくなった事も、白を選ばれる方が増えた事に影響があるようにも思えます。

(白い)クロスが貼られて、鉄骨階段がクッキリ見えてきました。

キレイに掃除し、色を加えました。

2016年3月7日 / 平景の家

今日は一旦クリーニングを終えた平景の家に撮影用の備品を搬入します。
その前に、未成部分の確認やチェックなどを行いました。

クリーニングが入ったので、粉塵で曇っていたガラスがキレイになり、内外のつながりがすごくよく解るようになりました。
また、内部空間が明るくなりました。

ガラスがLow-Eガラス(遮熱ガラス)の為、緑色がかった光となってしまいます。

少し冷たく見えてしまうかも知れません。

透明のLow-Eガラスもあるのですが、少し性能が落ちてしまいます。

家具などが到着し、白い空間に色が入ります。
とてもキレイに見えます。

撮影は10日を予定しています。
実は撮影後にも残工事があり・・・最近、穏やかになってきた春の日本海とはウラハラに、まだまだバタバタします。。。

お掃除前に。

2016年3月3日 / 平景の家

明日、クリーニングが入るので、今日、状況を見に来ました。

ほとんど仕上っていますが、まだ、工事が残っている個所が・・・
追い込みです!

立体的につながる。

2016年3月2日 / 面遊の家

足場も無くなり、外観がよく解るようになりました。
(仮称)森田の家は、模型をつくってから間取りを変更したため、完成の形状を立体でちゃんと見るのは、お客様はじめ皆さん、本物がはじめて。
協力会社さんといつもは模型を使って打合せをするのですが、(こちらの方が一般的かも知れませんが)図面で打合せを行いました。

ルーフテラスには庇があるため、昨日からの雪がほとんど積もっていませんでした。
また、手すり壁をプライベート性が高まるため、一般的な手すり壁の高さより高くしてあります。

リビングなどの天井は、屋根勾配なりの勾配天井。
とても個性的な空間になっています。

立体的な空間のつながりなど、面白さがいっぱいの(仮称)森田の家です。

森田の家は、現在仕上工事の真っ最中。
クロスが貼られるとまた一段と空間のイメージが変わります。

延期。

2016年3月1日 / 賢分の家

今日は本当は建て方でした。

しかし、昨日の夜にすごい勢いで積もる雪で、中止にしました。
多くの方々にご迷惑をおかけしました。
ごめんなさい。。。

一日明けて今日、微妙な天気。。。
でも、ご迷惑をかけしましたが、延期して正解だったと思います。

3月8日(火)建て方の予定です。
今度は天気に恵まれますように!!

牛歩。

2016年2月29日 / 社屋

別に、戦術ではありません。

にしても牛歩以下だと・・・。

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)

2016年2月28日 / 健承の家

今日は(仮称)松本の家の打合せでした。

(仮称)松本の家は、そろそろ平面プラン(間取り)などを決めるタイミングにきています。
そこで、今回の打合せ内容は、現在のプランニングでの収納プランの見直しを行うはずでした。

収納の使い方などの打合せをする為、お客様には収納物の総まとめをお願い、弊社は収納図と弊社が呼んでいる図面などを描き(収納図7枚+その他2枚)、今回の打合せにのぞみました。

が!

話は全く予想もしなかった方向に進みだします。
話はZEHつまりゼロ・エネルギー・ハウスに進みだしました。

きっかけは、屋根の形状の話からでした。

ZEHの事は、あちらこちらで話を聞かれている方も多くおられるかと思いますが、エネルギーを自給自足できるお住まいの事です。

お住まいを建てられるにあたり、ALL電化にされるか?ハイブリッド給湯器などを使用することで温かいお住まいにされるか? ここのお話は本当に皆さん、すごく悩まれます。
ちょっと前までは、簡単にALL電化にすればいいとお考えの方が多かったのですが、様々な要因から、そんな簡単に決められない方が増えているように感じます。

そんな中、エネルギー事情の外的要因に影響されにくい、自主自立したお住まい、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)が注目されだしています。

今回、(仮称)松本の家の打合せ。
確かに準備した事とは違った方向の話になりましたが、とても大切なお話が出来ました。

ZEHを意識して、(仮称)松本の家の建物形状を大きく変え、そのことで間取りも大きく変えます。

仕上げ中。

2016年2月17日 / 平景の家

平景の家は仕上工事がドンドン進んでいます。
ほとんどクロスが貼りあがり空間がとても明るくなっています。

エントランス・ホールは、シャッター速度が遅くなりすぎて写真が撮れないくらい暗かったのが、今ではすごく明るいです。

階段の奥の方まで光が届いて、とてもキレイな空間に仕上ってきています。
とても楽しみ!!

壁と同化するための造作建具も運び込まれていて、仕上りを待っています。

過去の記事