ブログ

本日は晴天なり

2019年11月2日 / 平悠の家

今日は早朝からベースコンクリート打設でした。

おかげさまで天気にも恵まれて、清々しい早朝の打設となりました。

皆さまのおかげを持ちまして、工事も順調に進んでいます。
ありがとうございます。

お礼の気持ちと、今後の工事も順調に進みます様に、現場の近くにある賀茂下上大明神様にお参りをして来ました。

配筋検査を行ないました。

2019年11月1日 / 平悠の家

昨日は、社内の配筋検査でしたが、今日は社外(住宅保険機構)の配筋検査を行ないました。

配筋検査とは、鉄筋コンクリート構造部分の鉄筋が、図面通りに配置されているかを、コンクリート打設前にチェックする検査を言います。

鉄筋は直接外部に出る事がない様にコンクリートで覆わなければ、その性能を確保出来ず、法律でかぶり厚が決められています。
また、継手と言って、鉄筋と鉄筋を繋ぐ場合のつなぎ方なども決められています。
そう言った部分もチェックするのも配筋検査の重要なポイントです。

皆さまのおかげさまで、無事、配筋検査を終える事が出来ました。
予定通り、明日、早朝にコンクリートを打設する事が出来ます。
ありがとうございます。

展示会に行って来ました!

2019年10月31日 / ご提案

今日は、スガツネさんや、協力会社にお誘いいただいていた金沢にて開催されている展示会に、少し時間が取れたので伺って来ました。

熱心にご説明いただいたので、ご提案の幅も広がったと思います。
より良いご提案に繋がれば嬉しいです。

合わせ柿

2019年10月29日 / 遊び心の家

毎年この時期になると妻の実家から送られてくるのは、合わせ柿。

実家の庭にある柿の木は、妻が生まれる前からあったので、合わせ柿が送られてくると決まって、子供の頃の思い出話が始まる。

その思い出話の中に毎回出てくるのは、父の話。

合わせ柿は、父が作っている。
そして、食べるタイミングは父が図っている。
しかし、そのタイミングを外し、未だ渋が抜けない柿を食べさせられた事が、毎年話に上がる。

今年も妻が父にお礼の電話をして、いつ頃食べられるのかを聞いた。
すぐ食べてOKとの事で早速数個剥いて食べた。
ひとつアウトだった。

「どうしていつも余裕を持って伝えてくれないのか?」
妻が今年も怒り気味に言う。
今年もまた、柿にまつわる思い出がひとつ増えた。

美味しいそうに見える柿。
目を肥やしたら、渋を見分けられるのか?
最近福井でよく出没しているクマなどは、ちゃんと甘い柿を見つけて食べるのだから、何か見分け方があるのかも知れない。

しかし、毎年の様に渋を引き当てる強運の妻は、何度経験しても違いを見分ける事が出来ない。

見た目だけでは、わからない事ってたくさんある。

そもそも柿が美味しいのは、子供の頃からの思い出話と共にいただくからというところも大きい。
「物より思い出」とのキャッチコピーがあったが、まさにそうだと思う。

見た目は大事だ。
だけど見た目に目を奪われて、更に大事な事を見失うのなら、目を閉じた方が良い。

ドブネズミみたいに美しくなりたい
写真には写らない美しさがあるから

そうブルーハーツも言っている。

実家から合わせ柿が送られてきた。
妻には、柿を取りヘタを焼酎につけ、発泡スチロールの箱に並べて詰めている父の姿が脳裏に浮かんでいるのだろう。
そして、柿を口にした瞬間、ブワーッと渋が口の中に広がる感触を思い出し顔を歪める。
で、また今度もあの話を僕にする。

森と泉に囲まれて

2019年10月28日 / 平悠の家

森と泉に囲まれて・・・

そうなる事を夢見て、コツコツと現実に向かわれてきて、今、基礎工事がはじまりました。
きっとこの気持ち。
お施主様と同じ様に感じられる人は、少ないだろうなぁ~。

気持ちって、方向性などはある程度一致できても、ベクトルの長さは一致出来ない。
方向性が同じだと「分かる!」となる。
でも、本当のところは分かってはいない。
そこが、「理解などと言うものは概ね願望に基づく」と言われるひとつの要因だ。

そんな事はさておき。。

夢は現実に近付いてゆく。

床暖房

2019年10月27日 / 緑陽の家

今日は(仮称)舟橋新2の家の打合せでした。

おやすみのところ、お時間をいただきありがとうございました。

今日は少し肌寒くなったので、床暖房をつけて打合せをさせていただきました。

写真では伝わりませんが、床暖房はとても心地よい暖房器具だと僕は思います。
我が家も床暖房が設置されていて使用しているのですが、気持ち良い眠気に誘われる様な心地よい暖かさです。

見た目では中々伝わり難い。。。

今日の打合せの中でも、図面やスケッチ(パース)などでは伝わり難い、微妙な感覚の話や、技術のお話などをさせていただきました。

見た目では伝わらないのですが、見た目で分かる事の精度を上げるひとつの方法は、知識(経験)です。

僕の経験が、ひとつでも多くお施主様の経験となって、それらの経験(知識)の中からお施主様にとっての「良い」に近付けて行ける様な打合せを心がけています。

プライベート性を高め、親密度を高める

2019年10月20日 / 卓色の家

先日、リフォームでパティオ(中庭)を設けた卓色の家。

卓色の家は、お客様がたくさん来られるお住まいで、大勢の方々と宴を楽しむ事が出来るお住まいでもあります。

大人12名が席につけるカウンター席からダイニングテーブルが特徴ですが、シチュエーションの違うアウトドアリビングでも仲間と宴を楽しめるように設けたのが、パティオでした。

今日はその新設したパティオに、タープを設置出来る様に丸環を設置させていただきました。

パティオにタープを取り付けると、タープがないパティオから更にプライベート性が高まりました。

きっと、パティオでの宴も親密度が高める事でしょう。

タープを張ったパティオの中で、早速、ケーキとコーヒーをご馳走になりました。

「選択」

2019年10月19日 / ご提案

専門家や知識がないと見えない事って色々ある。
器の場合で例えると、手間の違いは何となく分かったとしても、専門家程はリアルには知り得なかったり、釉薬の違いや窯や焼き方の違い、技術力の違いなども知識がないと当然理解は出来ない。

でも、自分が気に入ったかどうかは、分かる。
値打ちなど客観的な事は分からずとも、主観的な事は分かるから、その金額で欲しいと思うか否かは自分で決められる。

食品なども、専門家や知識がある人の選択程は、一般の方や知識の無い方では正確に選べてはいない。

例えば日本に輸出されているフランスワインには、フランス国内で使用を禁止されている酸化防止剤が入っている。
ボジョレーヌーボ解禁にわくどのくらい人達がその事を知っているのだろう?
(チコちゃんに聞いてみよう)

とは言え、自分が何が好きで美味しいと思うのかは、分かる。

ここでの話のポイントは、良い器の見分け方を知ってバッタもん(ニセモノ)をつかまない様にしよう!とか、添加物の知識を正確に身につけて健康的な食事を心がけよう!って事でも無い。

選択ってなんだろう?
という事。

と言うか?
自分自身に合った選択の仕方をしているか?
そもそも
自分自身がどんな選択の仕方を望んでいるのかがポイント。

エクリュでの住まいづくりの打合せでは、その「選択」という言葉の意味が違ってくるかもしれない。

相似とお芋

2019年10月17日 / 社屋 招彩の家

我が家の高校生の娘と相似。
数学の図形の問題を思い出しました。

学校から帰って来て、着替えもせずソファーで携帯を見ている姿をスケールダウンした感じに見えたからです。

めっちゃキュート!

今日は、招彩の家のオーナー様が、お芋掘りの帰り、オーナーズ・サロンに寄ってくれました。
そしてお芋をいただきました。

ありがとうございました!

相似。
めっちゃキュート。

関係性を整える

2019年10月16日 / 平悠の家

今日は現場にて発注承認の打合せをさせていただきました。

弊社では、発注承認の打合せを行っています。
発注承認の打合せとは、弊社から協力会社さんに発注する前に、お施主様にご契約内容を再確認させていただき、そのまま発注しても問題が無いかを確認させていただく為の打合せです。
現場が進む事で(契約時では解り難かった事などが)判断しやすい環境になっていきます。
ギリギリまで悩んでいただいたり、より正確なご判断をいただく為に、発注承認の打合せをさせていただいています。

今日は、その打合せの第二回目でした。

今回、発注承認いただく内容は、外まわりの材料などでした。
屋根材や外壁材、サッシなどです。
建物のファサード(外観)が決まりますので、現地で打合せをさせていただきました。

色は、相互の関係性で見え方などが変わってきます。
建物単体で色合いを調整しがちですが、建物は環境の中に建つものです。
周辺環境の色彩的な関係性が重要になります。
そこで、現場で色を決めていただくようにしています。

今日も無事、とても良い感じの色合いやテクスチャー感でご決定(発注のご承認)をいただき、完成がとても楽しみです。

過去の記事