ブログ

WIC収納率 ≧ 100%

2017年8月25日 / 遊び心の家

携帯電話が聞いたことのない音を発し、朝、驚きました!
皆様の地域は、大雨の影響、ご無事でしたか?

今日は、その雨の影響もあり、「遊び心の家」で打合せを行いました。

住んで6年以上の月日が経過した我が家(遊び心の家)では、現在、ウォーク・イン・クロゼットの整理が急務となっています。
収納率80%程度が理想ですが、現在、100%を超えつつあります。
妻と相談しながら、70~80%程度まで減らそうと考えています。

そんな状態も含めて、実際に生活を行っているところ(日常の状況)をご覧いただきながら、お忙しい中お時間をいただき、打合せをさせていただきました。

ご契約いただきました。

2017年8月21日 / 卓色の家

今日は(仮称)大溝の家のご契約をいただきました。

これまで、たくさんお時間をいただき、様々なことを一緒にご検討いただき、本当にありがとうございます。
おかげさまで、本日、ご契約をむかえることができました。

貴重なお時間をいただいたのには、理由があります。

「ニーズ(ご要望)を明確にしてカタチにしていくことは、とても難しい」と言われても、あまりピンとこないのではないでしょうか?
「自分のことだから、自分のニーズ(要望)を人に伝えたり、カタチにすることは何の問題もなく容易なこと」そんな風に思っていませんか?
でも、本当にそうでしょうか?
僕はそうは思いません。
と言うのも、多くの方々との打合せの際、様々なご希望やご要望をいただく中で感じることがあるからです。

その感じることとは・・・
ご要望やご要望の多くが非日常的なインパクトのある出来事から出てきていると言うことです。

例えば、事故やケガをした経験からのご希望・ご要望になったり、災害や人災にあった経験からのご希望・ご要望に至ったなど、日常から少し離れたインパクトのある出来事からのご希望・ご要望が目立ちます。
印象に残りやすいのがその理由ではないでしょうか。

また、家を建てるってことは、一大イベント。
もしかしたら「家を建てる」ってことこそ非日常的なこと。
だからやったこともないことを、新しい家になるとやりたい!とかって思うのは、当然のことかもしれません。
バーベキューは小学生以来やったことがないのに、バーベキュー・コーナーが欲しいと思ったり。
この前あったペルセウス流星群も観ていないのに、月見櫓(天体観測スペース)が欲しいと言ってみたり。
やっぱり、非日常的、ある意味もはや非現実的なことをご希望されるのも家づくりならでは。

もちろん、この様に顕在化したご希望・ご要望も大切です。
しかし、暮らしの殆どの部分は、決して目立つことのない坦々とした日常です。
そのご自身の日常を顕在化し、最適化することは、容易に見えて実はとても困難なことです。
なぜならご自身の日常は、当たり前すぎて見過ごされているからです。

日常を知り、そこから最適化を図るポイントを明確にするのは、たくさんのお時間をいただき、たくさんのご質問にお答えいただくことから始まります。

(仮称)大溝の家のお施主様は、そのことをご理解いただき、貴重なお時間を割いて一緒にご検討いただきました。
そして本日、ご契約させていただく運びとなりました。
ありがとうございます!

実は、ご契約いただいたそのすぐ後、再びお時間をいただき打合せを致しました。

弊社では、工事に必要な材料などを注文するその前に、お施主様に契約通り注文しても良いか?再度確認をさせていただく打合せ。
発注承認打合せを行なっています。

ギリギリまでニーズ(ご要望)を調整しきりたいとの想いからと、お住まいが出来上がってきて見え出す(明確になる)ニーズもあるかと考え、発注承認打合せを行なっています。

本日、ご契約いただいたので、早速発注など行います。
だからご契約後すぐに打合せをさせていただきました。

今日はご契約などいただき、ありがとうございます。
今後ともよろしくお願い致します!

お引渡しでした。

2017年8月9日 / 皆時の家

工事中に植えられたイネが、すっかり育っていました。

今日は「皆時の家」のお引渡しでした。

今日はカワイイ姉妹(お子様たち)には会えず、残念。
また、たくさんお時間をいただき、打合せをさせていただいたオーナー様とも、今までの様に頻繁にお会いする事はなくなると思うと、少し淋しい感じもします。

でも、弊社にはオーナーズ・サロンがありますし、未だ家具の打合せも残っています。

「時々、会社に顔を出します。」
そう言っていただきました。
そうしていただけると、本当に嬉しいです。

皆様のおかげをもちまして、本日、無事にお引渡しが出来ました事、深く感謝を致します。

また、たくさんのお時間をいただき、一緒にお住まいづくりに向き合っていただいたオーナー様や皆様、本当にありがとうございました!

今後とも弊社を、よろしくお願い致します。

夏期休業のおしらせ

2017年8月3日 / お知らせ

下記の通りご案内いたします。

株式会社エクリュは、8月11日(金)~8月16日(水)まで、夏期休業とさせていただきます。

皆さまにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承の程 宜しくお願い申し上げます。

「?」→「家」

2017年7月31日 / ご提案

あなたは、お皿から晩御飯の料理をイメージして、夕飯の用意をしたことはありますか?

夕飯を作ってから、その料理にあうお皿を選びませんか?

あなたは箱からプレゼントをイメージして、プレゼントを購入したことはありますか?

そうではなくて、プレゼントを選んで、それにあう箱を選びませんか?

料理があって、器を決める。
プレゼントがあって、箱を決める。
そんな風に家を考えられていますか?

家が器や箱ならば、家にとっての料理やプレゼントにあたるモノは何か?
答えられますか?

「料理」→「お皿」
「プレゼント」→「箱」
「?」→「家」
「?」の話をしに、エクリュまで遊びにお越しください。

床材を決めるポイントは?

2017年7月23日 / ご提案 卓色の家

今日は(仮称)大溝の家の打合せでした。
その中で、床材についての打合せがありました。

皆さんは床材を決めるポイントって、どんなところにありますか?

例えば、弊社の打合せエリアの床材は、クリの無垢材です。
クリである理由は、イメージ的な理由。
床暖房なのに無垢材である理由は、触れた感覚を心地よくしたかったからです。

弊社の2階のギャラリー・スペースは、ナラの突き板(単板貼り)です。
触感は(無垢材には負けますが)出来るだけ良いのを選びました。
無垢材にしなかったのは、コストの点からです。

我が家の床材はシート貼り(チーク)です。
イメージとコスト、それに掃除など維持管理や劣化を重視した結果です。
今のような梅雨時は、触感に難点があります。

床材を選ぶ際、様々なポイントがあります。

正確なニーズを明確にして、選べていますか?
「無垢材が良いって聞いたから」
「この中から選ばないとオプションで高くなるから」
「友達の家と同じだから」
など、自分のニーズを明確にしないで選んでしまっていませんか?

(仮称)大溝の家の打合せ。
今回は裸足で様々な床材を踏んでみました。

ありがとうございました!

2017年7月17日 / 内覧会・現場見学会など 皆時の家

お施主様をはじめ皆様のおかげで、二週にわたって開催させていただいた「皆時の家」内覧会。
本日、無事終えることができました。
ありがとうございます。

今回の内覧会も多くの方々にお会いでき、とても楽しく嬉しかったです。
少しでも皆様にとって有益な情報をお届けできていれば嬉しいです。

今後とも株式会社エクリュをよろしくお願い致します。

ありがとうございます!

2017年7月11日 / 内覧会・現場見学会など 皆時の家

お施主様のご厚意のもと、7月8日から開催していました「皆時の家」特別内覧会。
おかげさまで昨日、無事、終える事が出来ました。
今回も、多くの方々のおかげをもちまして、とても充実した内覧会となりました。
ありがとうございました。

また、今週末、7月15日(土)・16日(日)17日(月・祝)「皆時の家」完成内覧会を開催させていただきます。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。
「皆時の家」完成内覧会について、詳しくは以下のURLをご参照ください。
http://www.ecru-arc.co.jp/works/minatoki/

七夕ですね!

2017年7月7日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 皆時の家

今日は七夕ですね。
福井は良い天気に恵まれ、今宵は夜空を見上げて?星に願いを届けられそうです。
皆さまは、もう願い事を決められましたか?

さて、いよいよ明日から、お施主様のご厚意のもと「皆時の家」内覧会がスタートします。

「皆時の家」はご家族や親族との時間を、過ごす為のお住まいです。
その名の通り、皆んなと同じ時間を同じ空間で過ごす事がテーマです。

決して同じ様に過ごす事を強要せず、各々がそれぞれを楽しんで、でも近くに感じられる空間を考えました。

ふんわりとしたご家族の時間を想像しながら観ていただくと、日常が観えてくると思います。

是非、ご体感ください。

詳しくはコチラ↓↓↓

皆時の家

星に願いを・・・
「たくさんの方々が内覧会会場へお越しになり、少しでも皆さまの住まいづくりにお役立てできます様に!」

「皆時の家」のとある一場面。

2017年6月28日 / 皆時の家

「皆時の家」のとある一場面。

家族が多いと、それはそれで大変なこともあります。
でも、家族が多いことは、とてもステキなことでもあります。

過去の記事