ブログ

現場巡り

2020年5月20日 / 志毎(しまい)の家 緑陽の家

(仮称)舟橋新2の家の敷地内(計画地)の高低差を測量しました。

今日は暑くも無く、寒くも無く、効率よく仕事が捗りました。

次に場所を移動して、(仮称)西堀町の家の現場に行きました。

(仮称)西堀町の家は、大工さんの工事が全て完了して、仕上げ工事を行なっています。

塗装工事が完了したので、確認に来ました。

間も無くクロス工事が始まります。

形状もそうですが、色(仕上げ)でも広がりや繋がりを演出している(仮称)西堀町の家なので、仕上げ工事が楽しみです。

何故なら仕上げ(色)が、更に形状の意味を明確にしてくれるのが、見られるからです。

例えば、玄関から続く下り天井は、玄関とリビングの関連性を高める為のモノですが、それだけが理由では無く、構造的に抜く事が困難で、且つ、色んな思い出がある柱が存在する意味を持たせる為に下がり天井が役割を果たしています。

玄関内にもある円柱と連立してある事で、玄関からリビングへの意識が高まるのですが、柱の色(元々の色)が、他の部分の色とややトーンが違う事が功を奏しています。

その辺りの色彩計画が、とても楽しみな(仮称)西堀町の家です。

また、未だクロスを貼る前でも、リフォーム前よりサッシを小さくしたにも関わらず室内が明るくなっているのも、クロスを貼ると更に明るくなるので楽しみです。

エクリュ・ギャラリー・コレクション

2020年5月19日 / Ecru gallery お知らせ アート

以下のURLから、エクリュ・ギャラリー・コレクションをご覧いただける様にしました。
https://www.ecru-arc.co.jp/ecru-gallery/kimura/%e6%9c%a8%e6%9d%91%e8%8c%82

https://www.ecru-arc.co.jp/blog/ご提案/アート/イシサカゴロウ

絵をお探しの方は、是非、ご覧ください。

この度は、まだ、4作品のみのご紹介ですが、追々、増やして行ければと思っています。
楽しみにしておいていただけると嬉しいです。

エクリュ・ライブ・セミナー

2020年5月17日 / エクリュ・ビデオ・セミナー(EVS) エクリュ・ライブ・セミナー(ELS) お知らせ ご提案 土地 面積(広さ) ファサード(正面外観) 断熱 壁の役割 収納 遊び心の家

今日は、ご予約いただいた1組のみへの、セミナーをさせていただきました。

弊社では、今までは、何組かの方々へ向けてセミナーをさせていただいていたのですが、より個別の要因などにも対応させていただく為、1組限定のセミナーを予約制で行っています。
お話する内容は、我が家を建てた時のエピソードをお話する中で、それぞれのお客様が深く知りたい事を降り下げてお話するといった形式でさせていただいています。

今回のセミナーのスケジュールは

第一部:トークショー
@エクリュ事務所
13:00~14:00 トークショー
14:00~ 質疑応答など

第二部:内覧会
@遊び心の家(築9年)
14:30~ 遊び心の家の内覧会
~16:00 質疑応答など

以上が今回のスケジュールでした。

それぞれのお客様に合わせてプランや内容を組み換えしております。
詳しくはお問合せください。

今日は、ライブのセミナーとしては久しぶりに開催させていただきました。

ちなみに・・・
YOUTHBEにて、エクリュ・ビデオ・セミナーをアップさせていただいています。
EVS01から08まで、アップしています。
時間を見つけて内容など、増やしていければと考えいます。
聞きたい内容など、リクエストをいただけると幸いです。

今日は、長時間にわたりお付き合いいただき、ありがとうございました。
お住まいづくりにお役立ていただけましたら幸いです。

15周年

2020年5月17日 / お知らせ

おかげさまで
株式会社エクリュは
本日をもちまして
15周年を迎える事が出来ました

これもひとえに
皆さまのおかげと深く感謝しております
ありがとうございます

今後とも
株式会社エクリュを
何卒よろしくお願い致します

広がりを演出するモノ

2020年5月16日 / 壁の役割 歩先の家

現場に運び込まれ、これらの板は?

これらの板は、クロス戸です。

壁と同じクロスを建具に貼って、壁と同化した建具になります。

内外に繋がる壁にある収納の扉などにクロス戸を用います。

これらの建具にクロスが貼られ、完成した建具を内外に繋がる壁にある収納に吊り込むと、リビングなど、部屋の広さの感覚が一気に変わるので、不思議なものです。

(仮称)足羽の家
内外の仕上げ工事が進んでいます。

今日は、外構の打合せを現場にて行いました。

いただきモノ

2020年5月15日 / 社屋 歩先の家

(仮称)足羽の家のお施主様に、いただいたので生けました。

花を生けると、空気が変わります。
浄化される様な気がします。

ありがとうございます。

最終の打合せ

2020年5月14日 / イメージマップ カラースキーム 志毎(しまい)の家

今日は(仮称)西堀町の家の最終の発注承認打合せを行いました。

前回の打合せでカラースキームの方向性を決めていただき、サンプルなどを取り寄せて、本日お時間をいただいて打合せをさせていただきました。

おかげさまで全ての発注する内容をご決定いただき、これで全ての打合せが完了しました。

今回も打合せの結果、すでに仕上がりが楽しみです。
イメージマップに一致した仕上がりになりそうです。

*カラースキームとは
色彩計画の事。
配色のバランスなど整えインテリアなどの色彩構成をまとめる事。

*イメージマップとは
言葉に表現し難いイメージの共有化を図り、イメージ通りの仕上がりにもってゆく為のツール。

イメージマップ

2020年5月10日 / イメージマップ 志毎(しまい)の家

今日は(仮称)西堀町の家の打合せを現場にて行いました。
今日の打合せ内容は、次回行う最後の発注承認打合せの準備の為の打合せでした。
その準備とは、サンプル収集の為、イメージマップに沿って各部分の仕上げの色など方向性を決めていただく事。
今日は各部分の色など、仕上げの方向性を決めていただきました。

イメージマップとは
竹中工務店が考案した手法で、共有化するのが困難なイメージの共有化を図り、イメージの目的地を定める為のツールです。

大学時代の4年間、現在の大阪西梅田のリッツ・カールトンホテルやハービス大阪の竹中工務店のプロジェクトチームでアルバイトをさせていただいており、その時の経験などを弊社では打合せに活かしています。

今日もイメージマップを見ながら、仕上げの方向性を打合せさせていただきました。

お忙しい中お時間をいただき、ありがとうございました。

壁の役割Ⅱ

2020年5月7日 / 壁の役割 志毎(しまい)の家 歩先の家

今日から大型連休も終わり通常業務に戻りました。

おかげさまで、数日お休みをいただけ、お座なりになっている家の事を、しっかりさせてもらえました。
stay homeを充実させていただきました。

現場は、異例の大型連休という事もあり、連休中も動いていました。
その為、予定より少し前倒しに進んでおり、助かります。

今日から制限緩和もあり、入学式もやっと行った学校もあるそうで、本当に嬉しいですね。
朝、学生が自転車で学校に向かう当たり前の姿に、感動を覚えました!
しかし、全国では感染者も増えている状況で予断を許さないのは残念ですが事実で・・・
今しばらく予防策など頑張って参ります。

前回、「壁の役割」で(仮称)足羽の家の絵を飾る為の壁の話を書きました。

光を吸収する色やテクスチャー感を選択する事で、そこに飾る絵などにスポットが当たりやすい環境を考えての壁が、部屋のポイントにもなっていて、絵を飾る家である事を暗示する。
そんな役割を持たせた壁を、僕たちは「オルセーの壁」と呼んでいます。

今回の壁は、上の写真の壁。
この施工中の壁は、(仮称)西堀町の家のものです。

この壁も、非常に多くの役割があります。
高さは約1M850mm。
幅は約4Mあります。
LDKに配置され、壁の裏側はTVボードなどになっています。

この壁の役割ざっと以下です。
・目線を制限して切る
・期待を高める
・明るさなど印象をコントロールする
・居場所(向き)を替える
・空間の方向性を示す
・収納する
などなど。

仕上がった際には、ひとつずつご説明できればと思います。

壁の役割

2020年5月6日 / 内覧会・現場見学会など 木村茂遺作展 カラースキーム アート 壁の役割 歩先の家

歩先の家も終の住処です。

お施主様のご実家が建っていた、それらの建物を取り壊して新築されたのが「終の住処」である歩先の家です。

この冬は本当に雪も降らず、そのせいもあり皆さまのご協力をいただき、工程がとても順調に進みました。
そこでいただいたお時間を、コロナ対策に使わせていただき、現場入場を1業種にとのご協力をいただいています。
ご協力いただき、ありがとうございます。

今は内装の仕上げ工事の真っ最中です。

この一際目立つ壁。
理由は分かりますか?

弊社の2階、エクリュ・ギャラリーにて、2020年1月31日からスタートした「木村茂遺作展」は歩先の家の新築工事の為、解体したご実家など建物から出て来た亡きお父様の絵画が大量に発見された事で開催に至りました。

一際目立つこの壁の理由は、木村茂遺作集を含めた絵を飾る為の壁だからです。
飾る絵画を引き立たせる為の壁が、色温度の低い光を吸収しやすい色の壁となりました。

歩先の家は終の住処です。
絵を飾る。
また季節などで絵を掛け替える。
とても文化的に豊かな終の住処です。

コロナが収束していれば、6月末から7月頭にかけて内覧会を予定しております。

終の住処は、今まで暮らして来られた事を踏まえて検討されるお住まい。
俗に、家は三回建てないと・・・などと噂されますが、終の住処は、正しくその三回目にあたる様なお住まいです。

ですので、ご参考にしていただける点もあろうかと思います。

コロナが収束し、内覧会が出来る状況になる事を願っております。

過去の記事