ブログ

模型をつくる

2019年7月27日 / ご提案 (仮称)越前町の家

模型が完成しました。

今回も難しかった・・・
という事は、実際の現場も難しいという事か?

弊社では新築住宅の建築模型を作成しています。
中々、図面では解り難かったり、伝わりにくい事も、模型でご理解いただければと思っているからです。

また、軒の深さによる、日の差し込み方なども分かる模型もあります。
今回も太陽光の差し込みなどが分かる模型にしました。

学生さんは、そろそろ夏休みなのでしょうか?
僕はと言うと、お恥ずかしい話、普通の休みも中々取れずじまい・・・
でも、夏休みの宿題のような事をしているでしょ!(笑)

夏休みの宿題で、模型をつくりたい方。
手伝いますよ!(笑)

整理する≒シンプル

2019年7月24日 / ご提案 ファサード(正面外観) 双幸の家

わざわざ設けた、少しの垂れ壁。

形状をシンプルにするなら、出来る限り描く線の本数を減らせば良い。
でも、そうでもない。
なぜなら、シンプルとは、形状だけを示す言葉では無いから。

考え方や、役割などをシンプルにしていく事でも、実際にシンプルに観えてくる。

複雑で多様、様々な要因や使い方などが存在する住宅は、どうしても複雑になりがち。
それを整理して(考え方など)シンプルにまとめて行くのが、エクリュのお仕事。

今年の夏の思い出のひとつに。

2019年7月23日 / 社屋

弊社2階ギャラリーにて開催中の絵画展「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」ですが、新たなポスターも弊社の窓に貼らせていただきました。

8月2日は毎年恒例の福井花火が夜空を飾ります。
そして、こちらも毎年恒例ですが、その花火を藤島神社さんの境内から眺めよう!との事で、お店(屋台)が出たりします。
今年もそのイベントのポスターが出来、いただけましたので弊社の窓に貼らせていただきました。

信号待ちの間にでも、チョット目を通していただけましたら幸いです。

8月2日(金)18時から
藤島神社さんの境内で屋台が出ます。
お子さまも楽しめるイベントになっています(くじ引きなど)。

浴衣でお越しの方には、もれなくかき氷をプレゼントしていただけるサービスもあります。

よろしければ、今年の夏の思い出のひとつを、藤島神社さんの境内でつくりませんか?

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki
2019-06-01 〜 07-28(定休日:水曜日)
エクリュ2階ギャラリーにて
絵画展を開催中です。

とうとう今週末(7月28日:日)までとなってしまいました。
こちらにも是非、足をお運びください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

H・B・T・Y

2019年7月21日 / アート お知らせ ご提案 社屋

現在、弊社2階ギャラリーにて開催中の絵画展「EVIL’S Twelve TOMOTAKA Hiroyuki」です。

実は昨日、その作家さんであるTOMOTAKA Hiroyukiさんの誕生日でした。
そして、今日、エクリュ・ギャラリーにお越しいただきましたので、ささやかながら誕生日のお祝いをモンモランシーさんのロールケーキでさせていただきました。

本当は、昨日もパティスリー ル・タニさんのケーキをこっそり準備していたのですが、TOMOTAKA Hiroyukiさんがお忙しく、会えなかったので、自分で食べてしまいました。
おかげさまで二日連続のケーキにありつけました!

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki

その会期中に一緒にお誕生日をお祝い出来たのは幸いでした。

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki
2019-06-01 〜 07-28(定休日:水曜日)
エクリュ2階ギャラリーにて
絵画展を開催中です。

スタッフ一同心よりお待ちしております。
是非お立ち寄りくださいませ!

事件は会議室で起きてるんじゃない。現場で起きてるんだ。

2019年7月20日 / カラースキーム (仮称) 足羽の家

今日は、(仮称)足羽の家の発注承認打合せの為の前打合せを、弊社にて行いました。

途中、外壁を決めようという事で、歩いて現地へ。
足羽なので、弊社から歩いて行けます。

外壁など、外回りの色を決める時は、現地で決めていただくようにしています。
色は対比で決まります。
周辺環境が持つ色合いの中で、新たに加わる色の見え方が決まるので、現地で決めていただいた方がイメージ通りになるからです。

今回、グレートーンをイメージされてカタログから選び、サンプル依頼をしましたが、決定した色は当初選ばないと仰ってたベージュ系の色合いでした。

単色ではイメージでは無かったのですが、周辺環境の中での見え方では、選ばれた色(ベージュ系)が最もマッチしていてキレイに見えたからです。

こんな風に、カタログ段階と、現地で選んでいただく段階で、大きく変化する事は全く珍しい事ではなく、むしろ毎回に近いのです。
それは、カタログを現地で見ている訳でないので、当然と言えば当然の事です。

今回も、やっぱり、当初と大きく違う結果になりました。
そして、とても良い雰囲気になる事が観えて、とても安心しました。

花は花は花は咲く。

2019年7月19日 / 実績紹介記事 (仮称)越前町の家

お花をいただく機会って、普通はあまり無いと思いませんか?
でも、お花をいただくのって、本当に嬉しいです。

弊社はお施主様など、本当によくお花をいただく事が多いのです。
それは本当にありがたい事で、とても嬉しく思います。

今日も打合せの時にお花をお持ちいただきました。
オシャレです。

どこの窓?

2019年7月17日 / 双幸の家

どこの窓?
階段の吹抜け窓。

でも、この窓の役割は、玄関を少しでも明るくする事。

もう、どこの窓かよく解らないでしょ?
設置場所は階段の吹抜けの窓。

はなちゃん、うたちゃん、ありがとう!

2019年7月15日 / アート ご提案 社屋 舞優の家

お花をはなちゃんたち(お施主様)からいただきました!
本当にありがとうございます。

とても良い香りが、弊社にほのかに漂います。

EVIL’S Twelve
TOMOTAKA Hiroyuki
2019-06-01 〜 07-28(定休日:水曜日)

エクリュ2階ギャラリーにて
絵画展を開催中です。

スタッフ一同心よりお待ちしております。
是非お立ち寄りくださいませ!

厚みがある理由

2019年7月12日 / (仮称) 足羽の家

今日は(仮称)足羽の家の契約をさせていただきました。

弊社のお住まいづくりの契約書は、かなり厚みがあります。
厚みがある理由は、弊社の想いによるものです。

弊社の想いとは、「ニーズに応える」という事。
なぁ〜んだ!普通の事じゃないか!
そう思われたあなた!
チョット聞いて貰えませんか?

そもそもあなたは、ご自身のニーズの重みを順に並べてご説明出来ますか?
また、そのニーズは普遍的ですか?

ニーズと言っても、顕在化しているモノばかりでなくむしろ、潜在化しているモノの方が多いのです。
それにニーズとウォンツは似て非なるモノ。
その区別をつけるのも実は困難な作業なんです。
それを可能にする打合せ方法を取り、そこで決まった内容を契約書にすると分厚くなるって訳です。

詳しくはお問合せくださいませ!

今日は(仮称)足羽の家の契約でした。
暮らしのパートナーに弊社を選んでいただきありがとうございます。
末永くよろしくお願い致します!

足場が無くなりました!

2019年7月12日 / 双幸の家

足場が無くなりました!

サッシとサッシの間の柱状の部分が、壁から面落ちしています(下がっています)。
これは水平方向のディテールを強調する為なんです。

チョットした事なんですが、それが印象を違って感じさせるのです。

仕上りが楽しみです!

過去の記事