ブログ

おやすみをいただいております。。。

2021年9月9日 / お知らせ

私ごとで申し訳ありませんが、横山哲明(記憶にある限り)人生初めてのオペ、入院をしています。
ご心配・ご迷惑をおかけしております。。。

5日(日)仕事を終えて帰ってきて、遅めの夕飯を食べた時、少し箸が進まない感覚もあったのですが、夜中の2時過ぎに腹痛(鈍痛)で眠れず、昼になっても治らず続くので、地元の病院で点滴をし、お薬をいただいて帰って来ました。
しかし、飲んでもその夜も治らず、大きな病院で診てもらう事に。

先ずPCR検査から。
腹痛と吐気で苦しい中、隔離された丸椅子に座らされ、、、
ようやく陰性が確定。
ベッドに寝かされ、エコーやCT検査の結果、緊急入院。

携帯も持っていないし、ほとんど寝ていた事もあって・・・朝か夜か、曜日も何も良く分からず・・・
看護師さんに「今日は何日ですか。」とお聞きすると『7日の2時ですね』と
「今日、テレビ出るんですよね・・・見たかったな。」
『テレビカード、買って来ましょうか?』
みたいな会話をした後は、目まぐるしいのとほとんど寝ているのとで、更によく覚えていません。
やっと少しずつとり戻しにかかっている今日は9日(木)です。

楽しくさせていただいてましたが、ずっと休まず来ていたので、あと無理が効かない年齢になった事で、ご迷惑・ご心配をおかけする事になってしまっております。
皆さまのお力添えいただき、体調は順調に回復の兆しを見せて、ゆっくり休養させていただいております。
ありがとうございます。

この調子で行くと、週末には退院出来るかもとの事です。
今しばらくご心配・ご迷惑をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

ありがとうございました。

2021年9月5日 / Ecru gallery Tautological Girl, Self-reference Girl TOMOTAKA Hiroyuki

1ヶ月にわたって開催されていただいた「Tautological Girl, Self-reference Girl TOMOTAKA Hiroyuki」。
先ほど、無事、会期を終えることが出来ました。

本日は最終日とのこともあり、多くの方々にお越しいただきました。
充分なご対応が出来ず、失礼があったかも知れません。
ご容赦くださいませ。

おかげさまでこの度もとても楽しい絵画展となりましたこと、本当にありがとうございました。
皆さまのおかげと感謝しております。

しばらく、エクリュ・ギャラリーはお休みです。
工務店の業務に専念致します。

今回の会期中も色々お話をいただき、色んな企画が動き出しています。
また、ご案内出来ればと思っております。

この度は、ありがとうございました。
また、お会いしましょう!

本日、最終日。

2021年9月5日 / Ecru gallery Tautological Girl, Self-reference Girl TOMOTAKA Hiroyuki

1ヶ月にわたり開催しております『Tautological Girl, Self-reference Girl』(画集出版記念絵画展)。
いよいよ本日が最終日となってしまいました。

3年前、『EVILS Twelve』を当ギャラリーにて開催。
その際、友高さんの知人の方に「(エクリュギャラリーに)行けたら行くね♪(Tautological:同語反復)」と言われた事がきっかけで、制作が始まった『Tautological Girl, Self-reference Girl』。
2年前、『Tautological Girl, Self-reference Girl』の画集を出版。
エクリュ・ギャラリーにて『Tautological Girl, Self-reference Girl』の画集出版記念絵画展の開催が決定。
しかし、コロナのパンデミックの為、延期が決定。
6ヶ月前、いつまでもコロナの終息が望めず、出版から時間が経ってしまっているので、再度、開催を決定。
1ヶ月前、『Tautological Girl, Self-reference Girl TOMOTAKA Hiroyuki』(画集出版記念絵画展)、エクリュ・ギャラリーにて開催スタート。

そして今日を迎えています。

例えはすごく悪いかも知れませんが・・・
(友高さんの作品に、「カレーとラーメン」もあるので・・・)すごく評判高いラーメン屋に行った感じです。

めっちゃ並んで、めっちゃ待って。
めっちゃ美味しいラーメンを食べて幸せを感じたのは刹那。

そんな感じです。

残りはあと僅かですが、今日があります。
今日を楽しみたいと思います。

『Tautological Girl, Self-reference Girl』(画集出版記念絵画展)
本日、間もなくオープン致します!

(上写真は、福井ケーブルテレビ「てくてく歩こさ」さんの取材中の一場面です)

明日は最終日

2021年9月4日 / Ecru gallery Tautological Girl, Self-reference Girl TOMOTAKA Hiroyuki

現在、エクリュ・ギャラリーにて会期中の『Tautological Girl, Self-reference Girl』(画集出版記念絵画展)。
いよいよ明日が最終日となりました。

もっと前に開催予定だった『Tautological Girl, Self-reference Girl』ですが、コロナ禍となり延期して、画集出版記念の為、あまりに長い延期もとの事で踏み切ったら、第5波となってしまいました。

感染予防対策を講じているとは言え、「来れたら来てね!」程度にひっそりと開催。
しかし、おかげさまで今回もとても充実した絵画展となりました。
ありがとうございます。

明日が最終日となるのは、とても淋しいですが、未だあと一日あります。
楽しんで参りたいと思います。

『Tautological Girl, Self-reference Girl』
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

画集(Tautological Girl, Self-reference Girl)

2021年9月3日 / Ecru gallery Tautological Girl, Self-reference Girl TOMOTAKA Hiroyuki

9月に入りなんだか急に涼しくなりましたね。
今宵も虫の声が聞こえています。

夏が終わると、なんだかセンチな気分になるのは、夏休みが終わる学生の時の感覚の爪痕なのでしょうか?

お盆から開催しております『Tautological Girl, Self-reference Girl』(絵画展)は、今週末で終了致します。

コレはまた、淋しい感じがしますが・・・
あと2日間あります。
2日間、楽しんで参りたいと思います。

『Tautological Girl, Self-reference Girl』
今回は女の子を描いた絵画展です。

(大助花子の漫才では無いですが)僕なんかは、言葉を発するのに考えをまとめてからしか声を発せられず、横で妻がマシンガンの様に無駄話を続けていて・・・結局、言いたかった事が言えなかったなんて事が少なく無くあります。

それと同じか否かは分かりませんが、『Tautological Girl, Self-reference Girl』で描かれれいる女の子達は、意味のない言葉にニュアンスを乗せて迷いなく、恥じらいなく(むしろ自信満々に)声を発しています。

今回もですが、友高氏の絵画を観て浮かぶ言葉に「無知は罪なり、知は空虚なり」(ソクラテス)があります。

画集『Tautological Girl, Self-reference Girl』には、そんな友高氏の絵画のテーマのヒントらしき言葉も(可愛らしいフォントの文字で)散りばめられています。

是非、手に取って読んでみてください。

いよいよ『Tautological Girl, Self-reference Girl』があと2日で終わってしまいます。
(淋しいなぁ〜)

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

良い住まいとは?

2021年9月2日 / ご提案

良い住まいとは
住む方の価値観が落とし込まれた住まい

それ以上の言葉が、見つからない。

嬉しいメッセージ

2021年9月1日 / 未分類

結地の家のオーナー様より、LINEにて嬉しいメッセージが届きました。

「まだ荷物が片付けきれてはいないですが、美しい景色にうっとりしながら、夢のような毎日を送っています。」

とてもありがたいメッセージをいただきました。

風景や空間、環境は、例え意識にあがって来なくとも、そこにいる人にとっては、とても大きな影響を与えています。

例えると、澄んだ水に住む魚と、汚れてしまった水に住む魚の体への影響の様なモノです。

美しい景色が望める事はもちろん、それが意識にあがり、うっとりとする時間を持っていただける暮らしを送っていただいている事は、本当に嬉しくありがたい事と思います。

「住まいづくりは、自分探し」と、弊社では、よくお伝えします。
それに加えて、(ご自身を知った上で)環境づくりである事も、今回いただいたメッセージで感じました。
素敵なメッセージいただき、ありがとうございました。

テレビ週間

2021年8月30日 / Ecru gallery Tautological Girl, Self-reference Girl TOMOTAKA Hiroyuki お知らせ

今日は福井ケーブルテレビさんの看板番組『てくてく歩こさ』に取材をいただきました。

放映は、9月7日(火)7時からになるので、会期中には間に合わず、残念ですが、現在2階ギャラリーにて開催中の『Tautological Girl, Self-reference Girl』の取材もしていただきました(カットされちゃうかも知れませんが・・・)

(失礼な言い方かも知れませんが)矢張り、とても上手にお話を誘導していただき、楽しく自由にお話させていただきました(語弊のある表現などありましたら、ごめんなさい)。

『てくてく歩こさ』
福井ケーブルテレビさんにて
主な放送時間
毎日 7:00 19:00
火・水・土・日 24:30

エクリュが放映されるのは、9月7日から1週間程だそうです。

良かったら、観てみてくださいませ!(笑)

音楽週間

2021年8月29日 / Ecru gallery Tautological Girl, Self-reference Girl TOMOTAKA Hiroyuki

現在、エクリュ・ギャラリーにて会期中の『Tautological Girl, Self-reference Girl』(画集出版記念絵画展)。
今週末は、80年代の音楽を中心に、レコードを聴きながらの絵画鑑賞会を行いました。

人の数だけ、絵の見方がある様に、人の数だけ、音楽の聴き方もあり、レコードプレーヤーを囲んでの音楽・絵画談議が、とても楽しく。
また、機会を持ちたいと思いました。

今日は、HOSHIDOの音楽担当のユキヒロオータニさんも会場へ足を運びいただき、音楽談議に加わっていただきました。
ありがとうございました。

是非、また機会をつくりたいと思いますが、今回の音楽週間は、これにて御開きとさせていただきます。
楽しかった!
ありがとうございました!

レコードを聴く会

2021年8月28日 / Ecru gallery Tautological Girl, Self-reference Girl TOMOTAKA Hiroyuki

『Tautological Girl, Self-reference Girl』(画集出版記念絵画展)を開催中(〜9月5日)のエクリュ・ギャラリーですが、この週末は、レコードを聴く会を行っています。
レコードをお持ちいただけましたら、ギャラリー会場にて、そのレコードを聴きながらの絵画鑑賞などが楽しめます。

『Tautological Girl, Self-reference Girl』をこの曲の中で楽しみたい!
そう思われるレコードをお持ちの方は、是非、レコードをお持ちいただき、会場へ足を運びくださいませ。

過去の記事