ブログ

夏休みの工作

2020年8月14日 / (仮称)三十八社町の家

弊社はお盆休みをいただき、夏季休暇中です。
ご不便をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

今年のお盆は、コロナ禍にあり、不要不急の移動を自粛して、また寂しいですが家族も帰省する事なく安全に配慮して過ごしています。

弊社では、スタッフに、指定された地域「不要不急の往来を控えていただく地域」及び、「感染が拡大している地域(※感染拡大注意地域)」への不要不急の往来は自粛していただけるようお願いすると共に、往来された場合は、2週間以上の自宅待機(出社しない事)をお願いしています。

そんな事で何処にも行かないので、今日は出社して模型づくりに励みました。

ちょうど、夏休みの工作の様です(笑)。

思い返せば、大学時代も、夏休みはせっせと課題の模型を製作していました。

電話も鳴らないし、来客も無い。
マイペースで模型製作が出来、捗りました。

完成したので、また家に帰って寛ぐ事にします。

※「感染拡大注意地域」
…直近1週間の10万人あたり感染者数2.5人以上の都道府県

キッチンの選び方

2020年8月11日 / (仮称)芝原1の家

今日は(仮称)芝原1の家のお施主様と、TOTO福井ショールームにて住宅設備の見学をしました。
住宅設備とは、システムキッチンやユニットバスなどを示します。
ちなみにTOTOさんは、ユニットバスを発明した会社さんでもあります(ユニットバスは東京オリンピックの時、日立とTOTOが工期短縮の為、共同で開発)。

皆さんは、どんな風にキッチンやユニットバスを選びますか?
デザイン性とコストで選ばれますか?
それとも、使い勝手を吟味されますか?
掃除のしやすさが重要でしょうか?
長持ちさせる耐久性でしょうか?

その他にも様々な選択のポイントがあって、どう決めれば良いのか分からなくなる方もおられるのではないでしょうか?

先ずは特徴を知る事から始まります。
今日、お時間をいただき、福井にある住宅設備などのメーカーさんの最後のショールームを巡らせていただきました。

現場見学

2020年8月8日 / (仮称)舟橋新2の家

今日はお施主様のご希望があり、ご家族の皆様に現場見学をしていただきました。
また、本日は、床暖房パネルの施工中でした。

おかげさまで順調に現場も進み、少し空間をイメージしやすい状況になってきており、ご見学いただく事になりました。

お施主様は、とても多くの時間をかけられ、とても深くご検討いただいて来られたので、当然に深く建物をご理解されておられます。
それだけに、お施主様がとても喜んで写真を撮られている姿に、僕は本当に嬉しく、その後姿を写真におさめずにはいられませんでした。

家具を含めたプランニング

2020年8月7日 / 平悠の家

今日は久しぶりに平悠の家におじゃましました。

家具など、打合せ通りに配置していただいてあり、とても素敵に暮しておられ嬉しかったです。

内覧会などは、弊社の備品で行う事が多いです。
しかし、打合せでは、家具なども含めてプランニングなどさせていただきます。
平悠の家は、お持ちの家具を新居に持って行き設置するプランをしました。

プラン通りに家具が設置されて、とても良い雰囲気になっており、またとても豊かに暮していただいて、本当に嬉しく思いました。

ありがとうございます。

夏季休暇のご案内

2020年8月4日 / お知らせ

いつもお世話になり、誠にありがとうございます。
さて、首題の件につきまして、下記の通りとさせていただきます。
ご不便をおかけ致しますが、何卒よろしくお願い致します。

2020年8月13日(木)~16日(日)

なお、8月17日(月)からは通常営業いたします。

エクリュ・リアル・セミナー

2020年8月1日 / エクリュ・ライブ・セミナー(ELS) ご提案 遊び心の家

今日は、エクリュ・リアル・セミナーをさせていただきました。
長時間にわたりお時間をいただき、ありがとうございました。

エクリュでは、ご予約をいただけましたら、築9年になる我が家を建てる際のエピソードを交えて、お住まいづくりを行う際にご検討いただければと思う内容などをお伝えさせていただいています。

よろしければ、是正、ご利用くださいませ。

窓からの景色

2020年7月31日 / (仮称)舟橋新2の家

今日は梅雨明けしたそうです。
今日も水やりをしに(仮称)舟橋新2の家に行って来ました。

(仮称)舟橋新2の家の北側の風景は、九頭竜川に架かるえちぜん鉄道のトラス鉄橋を見る事が出来ます。
川の向こうには、中角駅もあります。

ちなみに(仮称)舟橋新2の家は、今日、サッシが設置されました。

入ったばかりの子供部屋の窓から、外を眺めてみると、川の向こうにある中角駅も見る事が出来ました。

中庭を眺める為の窓も設置されて、水やりをしている緑を色んな角度から現場で眺めました。

カタチになるという事

2020年7月29日 / (仮称)芝原1の家

現在、見積もりの為、協力会社さんと打合せ中の(仮称)芝原1の家です。
見積もりの打合せの為、見積図書を作成するのですが、それに加えて模型も作成します。
模型だと、食い違いも減ります。

またお施主様にも、お分かりいただきやすく、重宝します。

模型に出来るという事は、図面が正しい事も意味します。
図面に食い違いがあると、模型などカタチには出来ない(辻褄が合わない)部分が発生する筈ですから、カタチになるという事は、図面の食い違いが、外観上は存在しないって証拠にもなります。

今日は(仮称)芝原1の家の模型が完成しました。

窓からこぼれる灯り

2020年7月27日 / (仮称)芝原1の家 遊び心の家 双幸の家 歩先の家

暗がりに灯りを見つけると、人の営みが感じられ安心する様に、家からこぼれる灯りなどは、街に影響を与えます。

色温度2700Kを下回る灯りは、暮らしの温もりを感じ、安心感を得ます。

道ゆく人が見上げて、少し癒される。
そんな事で住む街が良くなると嬉しいですね!

CSR(Corporate Social Responsibility)と言うと大袈裟と言われるかも知れませんが、実は、些細な事の積み重ねがとても大切なんだと僕は思います。

この場合のCSRのCはCorporateでは無くて、Citizenですね!


前回の(仮称)芝原1の家の打合せでは、窓からこぼれる灯りの打合せを行いました。

過去の記事