ブログ

壁の役割

2020年5月6日 / 内覧会・現場見学会など 木村茂遺作展 カラースキーム アート 壁の役割 歩先の家

歩先の家も終の住処です。

お施主様のご実家が建っていた、それらの建物を取り壊して新築されたのが「終の住処」である歩先の家です。

この冬は本当に雪も降らず、そのせいもあり皆さまのご協力をいただき、工程がとても順調に進みました。
そこでいただいたお時間を、コロナ対策に使わせていただき、現場入場を1業種にとのご協力をいただいています。
ご協力いただき、ありがとうございます。

今は内装の仕上げ工事の真っ最中です。

この一際目立つ壁。
理由は分かりますか?

弊社の2階、エクリュ・ギャラリーにて、2020年1月31日からスタートした「木村茂遺作展」は歩先の家の新築工事の為、解体したご実家など建物から出て来た亡きお父様の絵画が大量に発見された事で開催に至りました。

一際目立つこの壁の理由は、木村茂遺作集を含めた絵を飾る為の壁だからです。
飾る絵画を引き立たせる為の壁が、色温度の低い光を吸収しやすい色の壁となりました。

歩先の家は終の住処です。
絵を飾る。
また季節などで絵を掛け替える。
とても文化的に豊かな終の住処です。

コロナが収束していれば、6月末から7月頭にかけて内覧会を予定しております。

終の住処は、今まで暮らして来られた事を踏まえて検討されるお住まい。
俗に、家は三回建てないと・・・などと噂されますが、終の住処は、正しくその三回目にあたる様なお住まいです。

ですので、ご参考にしていただける点もあろうかと思います。

コロナが収束し、内覧会が出来る状況になる事を願っております。

友高博之

2020年5月5日 / Ecru gallery EVILS Twelve TOMOTAKA Hiroyuki ご提案 アート

友高博之
1968年生まれ
福井県出身。ブラジル留学。
宗教や人間、真理や哲学など、一見取っ付きにくい難しいインテリジェンスに富んだ内容を、最も大衆的なモチーフに込めた様な作風が印象的。
クスッと笑える奥深さが彼の魅力のひとつだ。

*   *   *   *   *

Aristoteles as Dorami-chan.
Dorami-チャンネルとしてのアリストテレス
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 320×420mm

*   *   *   *   *

Minnie “Socrates” Mouse.
ミニー・ソクラテス・ネズミ
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 510×710mm

*   *   *   *   *

Galileo Galilei admires Maetel from Galaxy Express 999.
ガリレオ・ガリレは銀河鉄道999から、Metelを称賛します
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 400×500mm

*   *   *   *   *

Martin Luther masked Denpaningen TACKLE.
マルチン・ルターはDenpaningenタックルを覆い隠しました
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 420×610mm

*   *   *   *   *

Sigmund”Cat”Big boobs”Woman”Freud
ジグムンド・猫・巨乳・女・フロイド
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 495×595mm

*   *   *   *   *

Kurt GÖdel becomes a Maiko Girl at naight.
クルト・ゲーデルは夜にマイコ・ガールになります
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 395×525mm

*   *   *   *   *

Inri wants to be a hard rock star.
Inriは堅い岩・星でありたいです
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 380×555mm

*   *   *   *   *

Karl Heinrich Marx said or did not say “Lord,have mercy.”
カール・マルクスは言ったか、言いませんでした、「支配者、慈悲を持ってください」
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 400×590mm

*   *   *   *   *

The portrait is rather Noetzche than Hitler.
肖像は、ヒトラーよりむしろニーチェです
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 450×605mm

*   *   *   *   *

Marcel Duchamp tends to disguise itself as a Kyabajyou.
マルセル・デュシャンは-Kyabajyou-として変装する
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 360×535mm

*   *   *   *   *

Adam Smith loves Rock’n’Roll.
アダム・スミスはロックン・ロールが好きです
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 500×700mm

*   *   *   *   *

Charles Robert Darwin featuring Gena of The Planet of the Apes.
猿の惑星のジーナを出演させているチャールズ・ロバート・ダーウィン
2018-2019年

¥88,000(税込)

キャンパスに油彩 430×640mm

*   *   *   *   *

写真の為、実際とは異なる場合があります。
弊社にお越しいただき、実際にご確認いただけましたら幸いです。

会社概要

リフォームとは。

2020年5月4日 / EVILS Twelve TOMOTAKA Hiroyuki 舞優の家

一年点検に伺ったのは、舞優(まう)の家。
おかげさまで、舞優の家は、無事一周年を迎えました。

舞優の家は、弊社には珍しいリフォームをさせていただいたお住まいです。

住む方のクセや性格などを、お施主様と一緒に把握して行き、それらを受け入れたお住いづくりを考えてきた弊社は、新築を多く建てさせていただいてきました。

一生に一度かも知れないお住まいづくりなので、建てる時にこそ深く知り深く考慮する必要があると考えてきたからです。

とは言え、全国的に新築の着工棟数が落ち込みリフォームに切り替える必要もあると業界で叫ばれる中、色んなリフォーム研修に参加させていただくのですが、その度、「エクリュはリフォームに向かない・・・」と思い知らされ帰って来ました。

その理由はいくつかあるのですが、中でも最も大きな理由は、リフォームの研修では、「自分を受け入れる」と言うより「変わりたい願望をくすぐる」といった手法の内容が目立ったからでした。

自分を知り、それを受け入れる住まいづくりをススメさせていただいているエクリュと真逆に位置していると感じたからです。

そんなある日、「外壁と屋根のやりかえをしたい」とお越しになられたのが、今の舞優の家のオーナー様でした。
(リフォームとは言え)外壁と屋根のやりかえなら、暮らしや自分を見つめ直すなどのキーワードも不要と思い、前向きにお仕事をさせていただこうと思いました。

しかし、打合せを進めていたある日、LDK+和室もリフォームしたいとの話が浮上します。

変わりたい願望をくすぐる様な事は出来ない・・・むしろ、自身を知り、受け入れる住まいづくりしかご提案出来ない・・・。
しかし、考えたところでその提案しか出来ないので、いただいたLDK+和室のリフォームの打合せの仕方も新築時と変わらず、自身を知り、受け入れる住まいづくりの方向性でのご提案を進めさせていただきました。

そうすると、15年住まれたお住まいが、決して最適では無いポイントが明確に浮上して来ました。
ある意味、(ずっと暮らして来られたので、ご本人としては普通ですが)弊社からは分かりやすく暮らしの流れの妨げとなっているポイントが明確に観えるのです。

例えば、「帰って来て服を着替える」を和室で無理矢理していたり、ダイニングとリビングの間のスペースにお風呂上がりに着替える服が置いてあったり、ご家族の暮らしのリズムとしては、そこで行ったり、そこに置いておくとスムーズだったりするのでしょうけど、もっと最適化する方法がリフォームをすればご提案出来る!とのポイントが明確に観えました。

その時、気付きました。

リフォームは、変わりたい願望をくすぐる事とは違う。
リフォームは、リフォームも、リフォームこそ、自身を知り受け入れる事ではじまる住まいの見直しだと。

舞優の家のオーナー様は、その事に気付かせてくれました。
今日は、そのお住まいの1周年。

とてもステキに住んでいただき、とても嬉しく思いました。

最大寸法の窓

2020年5月3日 / 遊び心の家

昨日に引き続き、この時期の恒例行事に、ファサードの大きな窓の掃除もあり、今日、掃除しました。

昨日のウッドデッキの掃除で筋肉痛ですが、キレイになると気持ちが良いですし、恒例行事なので、窓掃除をしました。

ファサードのFIX窓は、ペアガラスの製作限界寸法です。

時々、「掃除が大変でしょう!」と言われる事がありますが、人にもよるのでしょうけど、僕の場合は、年に一・二度程度ですし、楽しんでやってます。

今回もキレイになりました!

IMG_4427

ウッドデッキ

2020年5月2日 / 遊び心の家

毎年の恒例行事。
おやすみが取れたので、今年もウッドデッキの掃除を
行いました。

今日はとても天気も良く夏日となり、また心地良い風も吹いてくれて、とても捗りました。

我が家のウッドデッキは実用的に使用すると言うよりもこのむしろリビングの広がりの演出としての位置付けの方が強いので、ウッドデッキが汚れているとリビングが汚いのと同じ意味にもなります。

今日は、ウッドデッキの地べたに寝転がって昼寝が出来る程、キレイに掃除をしました。

心地良い風が吹いているので、直ぐにウッドデッキも乾く事でしょう。
そうしたら、青空を見上げながらゴロリとなりギターを弾こうと思っています。

IMG_4426

stay home

2020年5月1日 /

「夜明けの来ない夜は無いさあなたがポツリ言う」

瑠璃色の地球が、脳裏に何度も流れるのは、いつになれば収束するのか?抜けられないトンネルの様な新型コロナウィルスを思うからでしょう。

コロナの影響で色々考えます。

現場の進め方や出勤の仕方、お客様との打合せの仕方など、どうすれば良いのかを考えるのです。
危険がそこにあるので当然、パフォーマンスでは無く、実質的であるべき。
考えを巡らします。

出来る事しか出来ないですし、唯一の正解も存在しない。
そう考えて、出来る限り、そして続けて行ける範囲で対応させていただいています。

その中のひとつ「stay home」があります。

居たくなるお家。
そうでないお家。
きっとあると思います。

そもそも、お家に居れば安全か?
コロナからは比較的、他人に合わない事で安全と言えても床に物が散らかっていて、つまづいたりして危険だったり、温熱環境的にもリスクが高かったり・・・
そんな事を考えたりします。
安全な住まいに住まれているのであろうか?

家にいるとストレスがたまるとの事も耳にします。
きっと家の問題よりも、他の要因があるのかも知れません。
でも、家に出来る事もあるのだろうと思います。

片付く家。
身体に負荷が少ない家。
帰りたくなる家。
寛げる家。

stay home だから、そんな事を更に考えています。

GW

2020年5月1日 / 遊び心の家

我が家のグリーンもキレイに生え揃いました。
へデラヘリックスです。
毎年、数回、整えます。

間も無くGWがスタートしますが、ウッドデッキの掃除をいつもこの休み中にします。

後は、大きなFIX窓も掃除します。

この連休は、Stay home ですので、ゆっくりしっかり掃除が出来そうです。
家がキレイになると、気持ちも清々しくなります。

とは言え、会社には行って仕事はしなきゃいけない感じですが・・・
日中は Stay office です。。。
会社も掃除して、気持ちよく仕事をします。

花を生ける

2020年4月30日 / 遊び心の家

いつもこの時期に生けるのがシャガ。
今年も生けています。

花がドンドン続いて咲くので、毎日違った姿を見せてくれるのが、とても楽しいです。

2020年4月27日 / 想円の家 伸遊の家 招彩の家 舞優の家 志毎(しまい)の家

現場がスタートした時は、サクラが咲き始めた。
そのサクラもすっかり緑になりました。

おかげさまで、皆さまのご理解・ご協力のもと、現場は順調に進んでいます。
今は、先日サッシが設置完了したので、窓まわりを施工中です。

南側に大きな掃き出しのサッシがあった(仮称)西堀町の家ですが、ソファーのレイアウトを変更して腰窓に変更しましたが、きっと元のお住まいより明るく感じられると思います。

そう感じていただける様に工夫しました。

その部分を現在施工中です。

とても良い感じに出来て来ました!

いつもですが、現場の帰りなどは、出来るだけオーナー様宅の前を通る様にしています。
(仮称)西堀町の家から弊社までの間には、伸遊の家・想円の家・舞優の家・招彩の家があります。

舞優の家の前庭が、あまりにキレイだったので、車を止めて写真を撮りました。

オーナー様の皆さまが、豊かな暮らしを楽しんでいただいているのは、本当に嬉しいです。
ありがとうございます。

仕様調整

2020年4月26日 / (仮称)舟橋新2の家

今日は、(仮称)船橋新2の家の打合せでした。
コロナの中、マスクをして1M程の離隔距離など、ご協力をいただき打合せさせていただきました。
大変な最中、ありがとうございました。

今日の打合せ内容は、最終の仕様調整でした。
今まで何度か仕様の調整をしてきましたが、その最終が今日の打合せでした。
今日の打合せにて決まった内容で、現場などに伝える為の図面(設計図書)を作成させていただきます。
設計図書を作成する為に、一度、仕様をご決定いただくのが今日でした。

弊社では、発注承認打合せを行っています。

今日は、設計図書作成の為に仕様を決めていただきましたが、設計図書(契約)で指定されている内容を実際に発注する際、再度、その内容を確認させていただいてから発注させていただく。
その打合せが「発注承認打合せ」です。
ですので、お引渡しの際には、設計図書から変更が出ている場合が多々あり、再度、引渡し図書を作成し、お渡しさせていただいています。

次回の打合せは、第一回目の発注承認となるので、今日は、その準備としての打合せも少しさせていただきました。
外観のイメージを再度、打合せ。
方向性をもう少し具体的に絞る事を行いました。

おかげさまで、とても素敵なファサード(外観)になりそうです。

また、暮らしについてのお話もしました。
色んな陶芸家の器を机に並べて、使い勝手やその違いなども少しお話しました。

お施主様のお力添えをいただき、素敵なファサードになり、素敵な暮らしがはじめられるお住まいに近付きました。

過去の記事