ブログ

壁に絵画を飾る暮らし

2020年6月25日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ ご提案 壁の役割 歩先の家

今日は、歩先の家のオーナー様と一緒に選びオーダーで額装した油彩画が出来上がり、それを歩先の家、内覧会会場のオルセーの壁に設置しました。

オルセーの壁とは、歩先の家のリビングにある絵画を飾る事を目的とした壁で、オーナー様と弊社の間で呼んでいる通称です

絵画を飾る為の壁だけに、絵をかけるととても素敵な雰囲気になりました。

今日は、この絵画以外にもあと5枚の絵画の額装が出来、絵画のストックも出来ました。
季節ごとに絵画をかけ替えても良いですし、気分を変える為にかけ替えても良いと思います。

歩先の家の絵画を飾る意味は、それだけに留まらず、謂わば歩先の家自体のアイデンティティにもつながる意味も含んでいます。
それは、「つなぐ」・「ひきつぐ」などの意味です。

江戸時代からこの場所に住み続けたご先祖への想い。
ご実家から大量に発見された亡きお父様の絵画を飾る暮らし。

絵画を飾る事は、仏壇に手を合わせる様なニュアンスも、歩先の家では持ち合わせていると感じます。

そんな歩先の家。
オーナー様のご厚意のもと、この週末から内覧会をさせていただきます。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

歩先の家 特別内覧会
6月27日(土)・28日(日)・29日(月)
10時〜18時(29のみ16時まで)
足羽1丁目にて

【お問合せ先】
株式会社エクリュ
〒918-0002 福井市左内町9-17
0776-36-9001(平日9:00-18:00のみ)
info@ecru-arc.co.jp

【内覧会会場ご利用の皆様へお願い】
新型コロナウイルス感染拡大防止、お客様とスタッフの健康と安全を第一に配慮しつつ、「歩先の家」特別内覧会を開催させていただきます。
つきましては、混雑と濃厚接触の緩和、安全確保を目的として、以下のご協力をお願い致します。

≪マスクの着用および手袋の着用≫
スタッフは、マスクと手袋を着用し、会場内を定期的に消毒、2時間に1回以上の換気を実施します。
ご来場の方にもマスクと手袋をご着用いただけますようご協力をお願い致します。
※手袋は会場にてご用意しております。
※マスクの提供サービスは行っておりません。

≪混雑と濃厚接触の緩和≫
混雑と濃厚接触の緩和の為、1組様ずつ、ご案内させていただきます(15分程度/組とさせていただく場合があります)。
ご相談や打合せなどが必要な場合は、外にイスとテーブルをご用意させていただいておりますので、そちらにてお願い致します。

床暖房

2020年6月24日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 歩先の家

今日は内覧会の為の家具などを「歩先の家」に搬入しました。

歩先の家は、良く風が通り抜けます。
それでも暑い中、体を動かすと汗が吹き出ます。

それにしても暑いなぁ〜。
それもその筈。
床暖房の試運転をされていました・・・。

「歩先の家」特別内覧会
6月27日(土)・28日(日)・29日(月)
10時〜18時(29のみ16時まで)
足羽1丁目にて

造作建具(クロス戸)

2020年6月23日 / 建具の役割 志毎(しまい)の家

現在、(仮称)西堀町の家は、内装建具(ドアなど)の吊り込み中です。

上写真(通路の突き当たり正面)は、一度、減額の為、取り止めとなり、諦めが付かず復活した造作建具(クロス戸)です。

扉の存在を抑えて、壁と一体的に見せる事で、シンプルになり、その影響で立体感のみが強調されます。

(仮称)西堀町の家では、招かれたお客様が、玄関先まで訪れた時、リビングルームへ意識が行き、リビングへの期待感が増す仕掛けをしています。

その為には、抵抗無くリビング方向へ目線が誘導される必要があり、色んなところで形状や色彩などをシンプルにしました。

その一つが、このクロス戸です。

他にもクロス戸が果たしている役割もあり、吊り込み終えるのがとても楽しみです。

家具搬入

2020年6月22日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 歩先の家

今日は、歩先の家にて、実際にオーナー様が使用されるダイニングテーブルのセットが運び込まれました。

内覧会の際、出来る限り実際の使い方に近い状況でご覧いただける様にと、オーナー様のご厚意あって、搬入していただく事になりました。

本当にありがたい事です。

家具に合わせて、お住まいの塗装の色を決めるなど、カラースキームの際、家具も含めて行っている為、実際に使用される家具が入ると、当然、弊社の備品の家具を搬入した時よりマッチします。

また照明の配置や種類も当然にピッタリ来るので、この度のオーナー様のご厚意は、内覧会の充実に助かり、本当にありがたいです。

他にも実際に住まれる際の状況に近付けていただけるご協力をオーナー様にいただいており、内覧会がとても楽しみです。

「歩先の家」特別内覧会
6/27(土)・28(日)・29(月)
10:00-18:00(29のみ16:00まで)
福井市足羽1丁目

【お問合せ先】
株式会社エクリュ
〒918-0002 福井市左内町9-17
0776-36-9001(平日9:00-18:00のみ)
info@ecru-arc.co.jp

【内覧会会場ご利用の皆様へお願い】
新型コロナウイルス感染拡大防止、お客様とスタッフの健康と安全を第一に配慮しつつ、「歩先の家」特別内覧会を開催させていただきます。 つきましては、混雑と濃厚接触の緩和、安全確保を目的として、以下のご協力をお願い致します。

≪マスクの着用および手袋の着用≫
スタッフは、マスクと手袋を着用し、会場内を定期的に消毒、2時間に1回以上の換気を実施します。
ご来場の方にもマスクと手袋をご着用いただけますようご協力をお願い致します。
※手袋は会場にてご用意しております。
※マスクの提供サービスは行っておりません。

≪混雑と濃厚接触の緩和≫
混雑と濃厚接触の緩和の為、1組様ずつ、ご案内させていただきます(15分程度/組とさせていただく場合があります)。
ご相談や打合せなどが必要な場合は、外にイスとテーブルをご用意させていただいておりますので、そちらにてお願い致します。

エクリュ・ビデオ・セミナー09

2020年6月21日 / 内覧会・現場見学会など エクリュ・ビデオ・セミナー(EVS) お知らせ ご提案 歩先の家

久しぶりのエクリュ・ビデオ・セミナーをアップしました。
来週末からスタートする「歩先の家」内覧会のご説明をしています。
ご覧いただき、内覧会へお越しいただけましたら幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=t7YrUHrvStw&feature=share

でんでん虫むしカタツムリ

2020年6月20日 / (仮称)舟橋新2の家 歩先の家

今日は雨が降らなかったので、朝は歩先の家の植栽の水やりからスタートしました。

アジュガも斑入りアジュガも花を付けています。

近所のアジサイには、カタツムリが隠れていました。
昔ながらの梅雨時らしい風景に出会えて、ほっこり。

続いて(仮称)舟橋新2の家にて、基礎の立ち上がりコンクリートを打設。
現場確認に向かいました。

会社に戻って打合せ。
今日も予定がいっぱいありました。

歩先の家 特別内覧会

2020年6月19日 / 内覧会・現場見学会など お知らせ 歩先の家

オーナー様のご厚意のもと、内覧会を開催致します。

歩先の家は、街中にある終の住処で平屋です。
江戸時代から受け継がれてきた敷地、また実家があったこの場所を、終の住処と定め、新築のお住まいを構えられました。

足羽山の麓に位置し、愛宕坂や百坂などが歩いて行ける範囲にあり、歴史的、文化的に深みのある場所です。

今回、歩先の家を建てるにあたりご実家を解体したところ、100点を超える亡きお父様が描かれた絵画が発見されました。

歩先の家は、絵画を飾って暮らすお住まいでもあります。

「家は3回建てないと納得のいく家にならない」
僕らの業界には挑戦的な都市伝説が、まことしやかに言われますが、その様に語られる理由も、分かる気もします。

なぜなら「住いづくりは自分たち探し」だからです。

人は一生を費やして自分を見付けて行く旅をしているのかも知れません。
だから3回目の家を建てる頃には、自分たちの情報も豊富で、そのタイミングで建てる家は、自分たちの暮らしにフィットするのは当然の事でしょう。
それが3回目との表現に繋がったとも考えられます。
ですので終の住処は、その3回目の家と言えるのではないでしょうか?

歩先の家は、ご夫婦お二人が暮らす終の住処。
お二人ともが、ご自身の事を知り、お互いの事をよく理解し合い、そんな中で検討されたお住まいです。

それが理由でしょうか?

お子様の事、お孫さんの事。
亡ご両親の事、ご先祖の事。

自然とお二人の暮らしの中、ルーツがまるで時々遊びに来られる様にスッと存在している事を感じます。

壁に亡きお父様の描かれた絵が飾られるのも、そう言ったところからの自然な事なのでしょう。

そんなオーナー様のご厚意のもと
歩先の家 特別内覧会
6月27日(土)からスタートします。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

『歩先の家』特別内覧会
6/27(土) 28(日) 29(月)
10:00-18:00(29のみ16:00まで)
福井市足羽1丁目

梅雨(つゆ)

2020年6月18日 / (仮称)舟橋新2の家 志毎(しまい)の家 歩先の家

昨日の良い天気にかわって、今日は昔ながらの梅雨時らしい、しとしとと雨が降る日となりました。
昨日のうちに現地調査に行っておいて、良かったです。

実は毎日、お施主様の植木(現場)の水やりをしています。
歩先の家の植栽と(仮称)船橋新2の家の植栽です。
それもあって雨が降ると少しほっとします。
それに、暑い日が続くと潤いほっとします。

今日は、朝から図面を描いて、昼からは現場を回りました。

(仮称)船橋新2の家は、立上りの型枠の配置を確認しました。
全数検査の結果、おかげさまで問題なく施工されていました。
ありがとうございます。

(仮称)西堀町の家は、クロス戸(造作戸)にクロスを貼っているので、現場確認に向かいました。
でも、作業が終わってしまっていて、職人さんと会えず仕舞。
キレイに建具が並べられ、現場の掃除もされていました。
ありがとうございます。

(仮称)西堀町の家は、電気工事も殆ど完了しています。
照明を点灯すると、LDKがまた違った趣をみせてくれます。

今日、完成させてくれたクロス戸を吊り込む(設置する)と、更に照明の効果が高まります。
照明の効果が高まる為のクロス戸でもあるからです。

完成が楽しみです。

ウロウロしています。

2020年6月17日 / (仮称)芝原1の家

現地調査と市役所にて確認。

プランニングの前には、出来るだけ現地と現地の周辺をウロウロします。
不審者と間違えられないかと心配ではありますが、その地が教えてくれる事がたくさんあるので、ウロウロします。

周囲の建物、窓の位置やベランダ。
風の向きや遠くの風景。
聞こえてくる音や車や人の動きなどなど、あげるとキリが無いですが、五感を働かせてウロウロしています。
(益々怪しい。。。)

今日は太陽が照って緑や空、色んな色が鮮やかに見えました。

ウロウロした甲斐があり、今回のプランニングのテーマが決まりました。

二十数年ぶりの感動

2020年6月16日 / (仮称)舟橋新2の家 歩先の家

今日は「歩先の家」の福井市さんの完了検査でした。

おかげさまで無事検査済証をいただく事に。
済証をいただき、こんなに嬉しいのは、二十数年ぶりくらいでしょうか?
多くの方々のおかげを持ちまして、今日この日をむかえる事が出来ました。
ありがとうございました。

アジサイがきれいに咲いています。
とても天気が良く、日差しが暑いですが、建物の中は、足羽山をすり抜ける心地よい風が通り過ぎて行き、涼しく感じます。

同時に、今日は(仮称)船橋新2の家の基礎のコンクリート(ベース)打設でした。
年配の職人さんが、若い職人さんに一生懸命に教えている姿は、微笑ましく、また羨ましくも思えました。
どんな物や事も同じでしょうけど、お住まいも、そういった皆様のお力添えのもと、出来て行きます。

過去の記事