ブログ

3つのステップ

2020年2月20日 / ご提案

住宅の話から、気付けば少し遠ざかっていた様に思えるので、今日は住宅を考える時にヒントになり得る話を書こうと思います。

僕がこの道を選ぶきっかけになった建築家が二人いますが、そのうちのお一人はルイスバラガン氏です。

高校2年生の時、進路に迷い東京で店舗設計のデザイン事務所をしていた叔母をたずねて行った時、待ち合いで手に取った本がバラガン氏の作品を紹介している本でした。

バラガン氏の有名な言葉があります。

「静けさこそが、苦悩や恐怖を癒す薬です。」
「豪華であろうと質素であろうと、静謐な家をつくることが、建築家の義務なのです。」
「私の家は、私の心の避難場所でした。」

僕は建築家では無く建築デザイナーだけど、この言葉は、今も僕の脳裏に刻まれている言葉です。

そこで、建築デザイナーである僕から、お住まいを建てられる方々に出来るアドバイスは、3つあります。

1つ目は、バラガン氏も仰っている様に静謐な家にする為に「静謐になる」という事です。
心が騒めいていては、考えも想いもまとまりません。

建築デザイナーの僕は、いつもお施主様が落ち着ける時間や空間の提供を心がけています。

2つ目は
「自分を知る」
という事です。

静謐を得れば心の水面はカガミの様に平面を保ち、奥底まで覗く事が出来、自分を知る事が出来ます。

建築デザイナーの僕は、いつもお施主様のカガミになる事を心がけています。

3つ目は
「自分を受け入れる」
という事です。

建築デザイナーの僕は、いつもお施主様がご自身のままでいられる為の方法を模索し続けています。

ここまで出来れば、あなたにとっての良い住まいを得られたも同然と言っても過言では無いかもしれません。

今日は久しぶりに住宅を考える時にヒントになり得る重要なポイントをお伝えしました。

更に詳しく解説など必要な方は、いつでもお問合せいただけましたら幸いです。

https://www.ecru-arc.co.jp/contact

片山裕二展

2020年2月17日 / アート お知らせ ご提案 社屋

『片山裕二展』
2020/03/14〜03/29
10:00-16:00
エクリュギャラリーにて

片山裕二氏の陶芸による
「風化」「痕跡」「情景」
の表現をご覧ください

本当にありがとうございました!

2020年2月16日 / アート お知らせ ご提案 社屋 (仮称) 足羽の家

おかげさまで、本日、17日間にわたり開催させていただいた『木村茂遺作展』を無事終える事が出来ました。
これも皆さまのおかげと深く感謝しております。
ありがとうございます。

会期中は、とても楽しくとても素敵な時間で、夢の様な時間でした。
ありがとうございました!

3月14日(土)からは陶芸展を予定しております。
よろしければ、そちらにも皆さまのお越しを心よりお待ちしております。
よろしくお願い致します。

『木村茂遺作展』
本当にありがとうございました!
また皆さまとお会い出来る日を楽しみにしております。

最終日

2020年2月16日 / アート お知らせ ご提案 社屋 (仮称) 足羽の家

いよいよ今日が最終日となりました『木村茂遺作展』

何だか寂しい思いもします。
そんな気持ちを表しているかの様。
昨日の天気とは一転、今日はしっとりとした雨が降っています。

木村茂氏は福井の画家さんです。
お亡くなりになって27年。
どんな想いで絵に向かわれておられたのか?
ご本人が亡くなられている以上、絵から拾い集める事しか出来ないので、かなりの時間、絵とにらめっこしました。

そして僕なりのひとつのイメージに辿り着きました。

この会期中、連日、多くの方々にお越しいただきました。
それがまるで同窓会の様でした。

木村茂さんをご存知の方々。
その師をご存知の方々。
一緒に絵を描いておられた方などなど。
タイムカプセルを開いたかの様な保管状態のよい絵の前で、一気に思い出があるれ出したのか、色んなお話をいただき、涙される方も。
僕が感じたイメージが大きく外れていなかった事が確認出来たり、とても楽しい時間(同窓会)でした。

本当にありがとうございます。

『木村茂遺作展(絵画展)』
本日が最終日です。
10:00-16:00
エクリュギャラリーにて開催しております。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

エクリュギャラリー
オーナー 横山 哲明

ラスト1日

2020年2月15日 / 社屋 (仮称) 足羽の家

明日はいよいよ最終日。
本当にあっと言う間の17日間でした。

不思議で素敵なご縁とお時間をいただき、皆さまの深く感謝しております。

ラスト1日となってしまいましたが、明日もよろしくお願い致します。

現場の進捗

2020年2月11日 / (仮称) 足羽の家 (仮称)越前町の家

絵画展の真っ最中にて、絵画展の事ばかりをお伝えしているブログですが、もちろん現場も着々と進んでいます。

(仮称)足羽の家は、外回りを急ピッチで施工。
本日サッシが取り付きました。

(仮称)越前町の家は、足場もバレてファサードや外観が見られる様になりました。
タイルやクロスなど仕上げ工事の真っ最中です。

2月16日(日)16時まで

2020年2月11日 / アート お知らせ ご提案 社屋 (仮称) 足羽の家

現在開催中の「木村茂遺作展」(絵画展)ですが、今週末(2月16日)で最終日をむかえます。
皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

木村茂氏は福井の画家。
水彩画や油彩画の静物画を多く残されています。

静物画なのですが、良く観ると不思議な点に気付きます。
モチーフよりも背景に力点をおかれた絵画や、背景に溶け込んでゆくモチーフの絵画などが目立ちます。
そこで、静物画と言うより、印象を描いた抽象画に近い事に気付きます。

また、キュビズム的な風景画などもあり、多角的な視点や時間の変化、存在の意味などを描いた絵画です。

是非、木村茂氏の不思議な世界観を感じに、エクリュ・ギャラリーへお越しくださいませ。

取材

2020年2月4日 / アート 社屋 (仮称) 足羽の家

何処でお聞きになり知っていただけたのか?
福井新聞さんに現在開催中の絵画展『木村茂遺作展』の取材をしていただきました。

お施主様にも亡きお父様の事についての取材をお願いしました。
建て方(建前)が終わりお疲れのところ、本当にありがとうございました。

取材は、お施主様のお父様の記憶からはじまり、木村茂氏の絵画へと移っていきました。
ご本人が亡くなられている以上、いや!ご本人がご存命でもそういうものかも知れませんが、そこに何が描かれているのか?それを感じ取る事は困難で、どこまでいってもそれぞれの方々の捉え方なんだとは思います。
僕自身もデッサンなどを描いていた経験などからでしか感じ取れませんが、木村茂氏の描きたかった何かをお話しました。
お施主様と記者の方と、木村茂氏の絵画を前にお話した時間は、とても楽しい時間でした。
おかげさまで、とても楽しい取材でした。

過去の記事